この記事は次の言語でも利用可能です
カメラは、スマートフォンでも一眼レフでも360カメラでも、好きなものを使うことが可能です。ですが、そのカメラで360パノラマを作成できるかどうかは必ずご確認ください。

機材の例

ご利用頂ける機材の例をいくつかご紹介します。

Nikon DSLR + パノラマヘッド + 三脚
Sony α ミラーレス + パノラマヘッド + 三脚
シータZ1 + 三脚
スマートフォン+Nodal View Rotator
スマートフォン+theVRkit Rotator
Go Pro + パノラマヘッド + 三脚
インスタ360+一脚
Qoocam + 一脚

どのタイプがベストなのか?

画質、スピード、価格のどれを重視するかによって異なります。

弊社では、デジタル一眼レフカメラを使用することで、画質とMetarealツアーにおける測定精度の両方の点で、最高品質のパノラマが得られることが分かっています。

360カメラは、撮影時のセットアップや撮影後の画像処理に便利なので、スピードと利便性を重視するのであれば360カメラを購入すると良いと思います。しかし、ほとんどの360カメラでは、パノラマのスティッチング方法が完璧ではありません。Metareal Stageではそのまま使用できますが、ツアーを作成する際に細々とした問題が発生することがあります(すべてのパノラマにおいて作成したオブジェクトが正しく配置されない、パノラマで歪みが発生するなど)。

スマートフォンは最も手頃なオプションですが、画質はそれほど良くありませんし、セットアップにはかなりの手間がかかります。

Matterportのカメラは使えますか?

はい、Matterportのカメラを使って、Metarealでバーチャルツアーを作成することができます。ただし、Matterportのシステムからそれぞれの360°パノラマを個別にエクスポートする必要があるため、時間がかかります。また、エクスポートしたパノラマは解像度が低くなります。ですので、別のカメラをお使いになることを強くお勧めします。

360ドローンは使用できますか?

現時点では使用できませんが、空撮画像をプレビュー画像として使用することは可能です。

Leica BLK360を使用できますか?

ライカはLIDARスキャナーであり、360カメラではありませんので、360パノラマを作成することはできません。(ライカから360パノラマを抽出するための回避策があるかもしれませんが。)(https://www.laserscanningforum.com/forum/viewtopic.php?t=13081)しかし、代わりに別のカメラを使用することをお勧めします。
この記事は役に立ちましたか?
キャンセル
ありがとうございます