この記事は次の言語でも利用可能です
作成するツアーには、有効/無効にできるコンポーネントがいくつかあります。



このリストは、プロジェクトダッシュボードから「Edit Tour」をクリックし、「DESIGN VIEW」デザインビューに切り替えると表示されます。

各オプションにチェックを入れると以下のようになります。

Show all menu options

公開されたツアーでメニューアイコンを有効にします。

Show floor plan

公開したツアーにメニューアイコンを表示します。

Show model

3Dモデル表示に切り替えることができます。

Show rooms chooser

全部屋のイメージギャラリーを表示し、部屋を素早く切り替えられるようにします。

Show rooms chooser by default

ツアーが読み込まれるとすぐにルームセレクタが表示され、他のモデル/フロアプランビューから切り替わるたびに表示されます。

Show measure tools

ツアービューアーで部屋の中のオブジェクトを測定できるようにします。

Show virtual reality

ツアーを見る人がWebVRやMobile VRのVRヘッドセットでツアーにアクセスできるようにします。

Show minimap

平面図のミニマップを重ねて表示し、ツアー参加者が移動ポイントの間を素早く移動できるようにします。

Show title and location

プロジェクトのタイトルと住所をツアーの上部に表示します。

Show panorama locators

各パノラマの中心をツアーの中に視覚的に表示し、見る人がどこに移動すればよいかを把握できるようにします。

On the floor

パノラマロケータを床に白い丸で表示します。

Floating above the floor

パノラマロケータを空中に浮かぶミラーボールのような球状の形で表示します。

Show labels (プロフェッショナル 以上のユーザーが対象)

ラベルを使って追加したテキスト/画像/リンクなどを表示します。

Always visible

ラベルの情報は常に表示されます(常に表示しない場合は、ラベルの白い丸やロゴをクリックしないと中の情報が表示されません)。

Enable 6DOF

頭の位置をパノラマの中心に固定するのではなく、(VR内の)見る人が自由に動けるようにします(6DoF)。

Enable notes (プレミアム以上のユーザーが対象)

見る人が独自にテキストや計測した結果をメモとして追加できるようにします。

Show welcome screen

ツアーのロード時にこのダイアログを表示します。

この記事は役に立ちましたか?
キャンセル
ありがとうございます