この記事は次の言語でも利用可能です
画像が正しいフォーマットであることを確認してください。サポートされている画像フォーマットはPNGとJPGで、次のようなアスペクト比2:1の360 Equirectangular(正距円筒図法)のパノラマ画像である必要があります。



Equirectangular(正距円筒図法)のパノラマ画像であっても、3Dバーチャルツアーを実現するためには、他にもいくつか注意するべき点があります。

各パノラマは、ツアーで使うパノラマ画像の内の少なくとも1つの他のパノラマと明確な line-of-sight がありますか?もしも、そうなっていない場合、その制作依頼のリクエストは受理されず、戻ってくることになります。
可能な限り、ツアーは1つの建物や場所にとどめてください。- 複数の建物は別々のツアーとして提出してください。別々に作成しても、必要であれば後から接続して一つにすることが可能です。
ツアーに外観が含まれる場合、平らな場所しか使用できないことにご注意ください。凹凸のある場所は、使用できるとしても非常にアバウトなものになります。
室内のドアはすべて開いているか(戸棚は気にしないでください)。扉が開いていないと、制作チームがどの部屋がどこにあるのかを把握できず、ツアーの作成依頼が却下される可能性があります。
出入り口にかかっている画像はありますか?(部屋の間の境目となる部分の画像のことです)これはMetarealでの再構成を複雑にし、そのような画像が1、2枚以上ある場合は、作業依頼の提出が却下される可能性があります。
誤って重複した画像を入れていませんか?重複していても画像ごとに課金されますので、コストがかかります。

プロジェクトブラウザで「New Project」をクリックします。



ツアーに追加したいコンポーネントにチェックを入れ、「Create」をクリックします。



プロジェクト名を変更するには、この欄に入力します。



ソースイメージ」にスクロールダウンし、「アップロード」をクリックする



Dropbox、Google Drive、またはローカルフォルダから画像を追加し、「Upload」をクリックします。



Stageがパノラマの処理を終えるまで待ちます(歯車のアイコンが消えて、写真のサムネイルに変わると完了です)。写真に壊れたアセットが含まれていないことを確認してください。

一番上までスクロールし、「Build it for me」をクリックします。



9.フォームに必要事項を記入し、ジョブを送信します。

作成の処理を速くする為に、ツアー提出時にロゴやNADIRパッチや追加の指示を受け付けておりませんのでご注意ください。 これらのアイテムは、ツアーが配信された後に簡単に追加することができます

プロジェクトのステータスは「Pending(保留)」に変更され、画像が正しいフォーマットであるか、ツアーを作成するのに十分な情報があるかを簡単にチェックします(提出した時間帯によりますが、概ね1~12時間かかります)。

お客様のプロジェクトが承認されると、弊社ではその制作作業を開始します。ツアーに含まれるパノラマ数が60枚以下の場合は、2~3営業日で完成したプロジェクトをお戻しします。その時点でプロジェクト完了のお知らせをメールでお送りします。
この記事は役に立ちましたか?
キャンセル
ありがとうございます