この記事は次の言語でも利用可能です
編集

平面図、3Dモデル、ツアーにおいて、オブジェクトを表示するかどうかを設定します。

オブジェクト表示/非表示
平面図でのオブジェクト表示
モデル内でオブジェクトの表示

Plan Viewの平面図のテキストを有効/無効にします。

平面図のテキストのオプション

Reset Tour の際、確認するようになったので、間違えてツアーをリセットすることがなくなりました。

Project Name とPublished Version名をProject Dashboardで編集できるようになりました。

プロジェクト名の編集

公開バージョン名の編集

Roomの名前も、名前をクリックしてフィールドに入力するだけで編集できます。

部屋の名前の編集

ロゴはスキンテーマの一部となり、スキンの他の部分と一緒に保存、読み込みが可能になりました。

パノラマディスク/ポイントをオーバーレイし、DESIGN VIEWでインポートされた平面図の位置/スケール/回転を変更することで、SVGフロアプランの作成がよりインタラクティブに行えます。

インポートされた平面図上のパノラマのポイント

公開

中近東のターゲット地域が追加されました。



表示

測定ツールのカーソルが3Dになり、どの面から測定しているかがわかりやすくなりました。

3D測定カーソルを窓に当てている様子

サブスクリプション

プレミアムサブスクリプションにチーム機能が追加され、同じスペースで最大3人のユーザーが同じプロジェクトを共有できるようになりました。

チームダッシュボード
この記事は役に立ちましたか?
キャンセル
ありがとうございます