この記事は次の言語でも利用可能です
パフォーマンス

スピードの最適化

サイトの読み込みを高速化するために、コードにいくつかの変更を加えました。 比較テストによると、プロジェクトダッシュボードの読み込みが約1.5倍速くなり、ルームエディターがほぼ2倍速くなり、ツアーエディターが2倍以上速くなりました。

低速/遠隔ネットワークへの適応



弊社のサーバーが、低速または遠隔のネットワークからMetareal Stageにアクセスしようとしていることを検出できるようになり、それに応じて調整してサービスが問題なく動作するように保ちます。

より信頼性の高い保存

誤って部屋を削除したり、奇妙なバグに遭遇したりするなどの大きなエラーが発生した場合は、チャットからサポートにご連絡ください。弊社側で問題が発生したプロジェクトを問題が発生する前のバージョンにすぐに復元致します。

新たなパブリッシュ先の地域



西海岸のユーザーは、ツアーを「US West」にパブリッシュして、読み込みを高速化できるようになりました。

同期したツアー



SDKを使用して、同じツアーの複数の状態を一緒に同期できるようになりました。 これを使用すると、リフォーム前とリフォーム後、カラーのツアーと白黒のツアー、といったようなものを作成が可能です(同期したツアーコードのサンプルはこちらをご覧ください

+ 加えて、27個以上のバグ修正も行われています。

今回のリリースに関しまして、ご意見、ご要望のあるお客様、また、追加して欲しい機能があるお客様、より詳しいお話をご希望されるお客様がいらっしゃいましたら、お気軽に[Metareal Japan Facebook](https://www.facebook.com/MetarealJapan/)アカウントまでメッセージをお送り頂くか、[Metareal Stage Users Group](https://www.facebook.com/groups/metarealstage)までお知らせください。弊社CEOのGarethとのオンラインでのお打合せをご希望のお客様は[こちら](https://calendly.com/gareth-metareal/30min)からお申し込み下さい。
この記事は役に立ちましたか?
キャンセル
ありがとうございます