ベータバージョン 15
新機能:プレーヤースキン、キーボードによるナビゲーション、高品質なモデル用のテクスチャ、ビューアーカメラのコントロール、ボリュームへのスナップ、Revitの自動アップロードなど。

プレイヤー
スキンの変更 (プレミアム版をお使いのお客様向け)
パノラマ画像の位置を表すロケーターを独自の画像で置き換えることが可能。



プレイヤーのフォント、アイコン、色をカスタマイズすることで、ご自身のブランドに合わせたデザインにすることが可能。



独自に作成したスキンのテーマを保存し、読み込むことが可能なので、毎回ツアーのカスタイマイズをする必要はありません。

ナビゲーション
キーボードを使ったナビゲーション機能が追加されたので、より簡単にツアー内を移動することが可能です。UPとDOWNの矢印キーで上を見たり、下を見たり、LEFTとRIGHTキーで左右を見回し、SPACEかENTERで前に進みます。

3D モデル
高品質のテクスチャ
撮影したパノラマ画像からつなぎ目のないテクスチャを生成。



クイックプレビュー
Model ビューにおいて 3Dモデルとテクスチャのプレビューが、レンダリングが完了していなくともすぐに行えます。

SDK



Model ビューのイベントのトラッキング
Modelビュー内でユーザーが行ったインタラクションのイベントを取得し、インタラクティブに何かをさせるような機能が作成可能。

ビューアーのカメラのコントロール
ビューアーの画角を変更したり、パノラマ画像を別のものに切り替えた、ビューを切り替えたりするような、自動再生のナビゲーションを作成可能。

ドキュメントの整理
SDKの使い方を学習して頂くにあたり、リファレンスガイド(英語)を更新。

編集
Room(部屋)の複製
複雑な形状の部屋を構築する方法に苦労して、何度も同じ作業を避けるには、複数のコピーを作成するのに、Shift+クリックするだけです。



面に対してボリュームをスナップさせる
ボリュームのオブジェクトを床や他のオブジェクトにスナップさせることが出来ます。もう、突き抜けてしまっていないか心配する必要はありません。



同じページにログイン
不意にログアウトしてしまった際、再ログイン後には、ログアウトしてしまった時のページに戻るようになりました。

Revit のインポート
自動アップロード
Revitからのプロジェクトのインポートが以前よりもさらに速くなりました。カメラを追加した後は、Metarealプラグインを介してログインするだけで、プロジェクトが自動的に生成されてアップロードされます。



+加えて、11個以上のバグ修正も行われています。

今回のリリースに関しまして、ご意見、ご要望のあるお客様、また、追加して欲しい機能があるお客様、より詳しいお話をご希望されるお客様がいらっしゃいましたら、お気軽に[Metareal Japan Facebook](https://www.facebook.com/MetarealJapan/)アカウントまでメッセージをお送り頂くか、[Metareal Stage Users Group](https://www.facebook.com/groups/metarealstage)までお知らせください。

弊社CEOのGarethとのオンラインでのお打合せをご希望のお客様は[こちら](https://calendly.com/gareth-metareal/30min)からお申し込み下さい。
この記事は役に立ちましたか?
キャンセル
ありがとうございます